岩手ビッグブルズ

2016年02月15日

前回は青森との比較で考えてみましたが
bjリーグ加盟チームのない山形を除く東北全県のデータで分析してみました。
そうすると決して悲観的なことばかりではないデータが見えてきました。

※以降の表はクリックで拡大表示します。

県別の動員数などをまとめてみました。
gbb
岩手は最下位です。
しかも岩手より歴史の浅い青森・福島に平均400人も差があけられての最下位です。
ところがアリーナ所在地の人口から算出してみたら面白いデータが見えました。
開催アリーナ所在地の人口を開催数で掛けて加算していき開催日数で割った平均を算出。
岩手は人口平均でも圧倒的に少ない結果となります。
今シーズンは岩手県唯一の中核都市である盛岡市での開催がありません。
観客平均をその平均人口で割ってみると意外や意外岩手はトップに躍り出ます。
乱暴なデータの見方をすると開催都市から何パーセントの人が会場に足を運んだのかが見ることができます。
岩手だけが人気がないわけではなく開催アリーナ周辺人口が圧倒的に少ないという要因が大きいと見ることができます。
秋田との人口差が約2.7倍なので岩手の平均動員数に2.7倍掛けてやれば余裕で3,000人を超える計算です。
そんな簡単は話ではありませんが潜在能力はむしろ東北の中で良い方ではないでしょうか。

続いて東北地区全アリーナ別の観客動員数の順位表です。
gbb_1
やはり岩手は下位のアリーナが目立ちます。
28アリーナ中岩手の最高が15位の一関。
一関の場合、秋田ブースターの動員数が大きく伸ばした要因です。

続いて前の表の順番を平均動員数を所在地人口で割った値で並び替えました。
gbb_2
前表と一変し全般的に真ん中より上に位置します。
仙台を入れて考えると面倒になるので除外して考えます。
22位~25位のアリーナはいずれも歴史の浅い青森・福島で県庁所在地と県2番目の都市のアリーナです。
人口のわりに動員数が少ないとみることができます。岩手より市民権を得ていないと言えます。
もう少し分析すると岩手上位の雫石と滝沢。
これらは盛岡近郊なので所在地人口はさほどありませんが盛岡市も商圏に入ります。
それだと青森や福島と変わらないのでは?という疑問が出ると思います。
しかし雫石と滝沢は圧倒的にアリーナのキャパシティーが少ないのです。
雫石はほぼ表の動員数で限界値。滝沢も1,400~1,500人が限界値と推測します。
盛岡からのアクセスを考えると車移動が必須ですがそれを受け入れる駐車場も十分ではありません。
さらに県南地区。
北上・一関・花巻よりキャパも設備も立派な奥州が最下位なのはやはりアクセスの悪さでしょう。
前者は国道やインターの近くですが奥州はそれらから遠い山奥にあります。
県土が広いわりにそれに足りる公共交通機関が発展していない岩手では車の移動が大前提。
動員数を伸ばすのにアクセスの悪さと駐車場不足は致命的な阻害要因なのです。

最後に各チームごとのトップ動員数アリーナと最多開催アリーナのデータです。
gbb_3
岩手以外30万以上の都市で岩手はそれらの約1/3の一関市がトップです。
人口比で考えると最下位の岩手がトップに変わります。
秋田の動員数がずば抜けて良いのはバスケが市民権を得ているのはもちろんですが
32万都市の秋田市でこれまでホームゲーム16試合中10試合開催されていることが大きいと言えます。

まとめます。
データからは少なくとも青森・福島が30万都市で試合をした回数分
岩手が盛岡で開催していれば十分に観客動員数は稼ぐことができたと推測できます。
また土曜日の動員数が他県と比べて顕著に少ないのも同じ要因で都市圏で18時に開催するのと
都市圏から離れた都市で18時開催とでは観戦のハードルが変わってきます。
この秋から始まるBリーグからはホームアリーナ開催8割以上という規定?があるので
盛岡開催メインとなると思います。よって今シーズンよりは動員数が増えると考えます。

ただ盛岡開催がメインだからといって楽観できないことについて次回まとめます。


▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
いわどうiwadou at 17:40│

2016年02月12日

長文です。

盛岡市内在住で夫婦・小学生2の4人でいつも観戦しています。
これまでに7~8試合ホーム戦を観戦し改善してほしいなというものをまとめました。
※子連れ視点が重点の意見ということで見ていただければ思います。

■土曜日18時試合開始は厳しい
以前投稿した通り集客数は土曜日が足を引っ張っています。
違いは試合の開始時間しか思い浮かびません。
小学生招待など積極的にやっていますが試合が終わるのが20時。家路につくのが21時では小学生はつらい。
広い県土を考えると他県より2~3時間早めたほうが良いと思います。
どうしても土曜日は準備や相手チームの関係もあろうかと思うので理想は土曜日15時~日曜日13時~でしょうか。
現在の時間帯はブースターはもちろん選手も運営サイドもメリットがないのでは?

■親子4人で考えるとチケット料金が高い
2階自由席の前売りが大人2,000円子供1,000円。
我が家だと計6,000円。ただし我が家の構成で使える親子チケットがあり5,000円。
映画館に行くくらい。しかし、ホームゲームは26試合。全部行くとなると130,000円。
→ロイヤルシート1席のシーズン券より高い。
最初に述べたようにあくまでも2階自由席。
やはりそれだけの数を観戦すると1階で見たくなるというのが本音。
1階自由席となると8,000円になります。
最近のスキー場は小学生のリフト券が無料とし親(大人)を釣る作戦に切り替えつつあります。
自由席に関していえば大人1名につき子供1名無料が理想と思います。
何回か来てしまえば確実にはまるであろうエキサイティングなコンテンツも家計を考えるとそう何度も足を運べません。
5,000人規模のアリーナを想定すると価格下げて人集めたほうが絶対によいと思います。
必ずしも安ければ来るというものではありませんがせめてリピーター割引などあると良いですね。

■指定席が少ない&指定席に子供料金が無い
子連れだからこそ指定席が重要なんです。
まず4人で行くのだから4人並びたいし身長を考えると見やすい席に座りたい。
2階はそもそも自由席が無いし1階だと最低3,000円なので4人で12,000円。現実的に払えない金額。
※1Fコートエンドはブロック指定であり指定席ではない。
一番の問題点は自由席が多いと前日までチケットを買わない(予定があったら行かない)という行動になると思います。
また現在はなんやかんや当日でも前売り料金で買えてしまう現実も前売りで買った人への配慮不足となります。100円でも差をつけるべきでしょう。
指定席だと指定料金払うんだから少しでも良い席をと早め早めでチケットを入手します。
予定がなかったら行くということから岩手ビッグブルズの試合があるからほかの予定は入れないという逆転現象が起きます。
当然、指定料金も下げていただきたいし子供料金も新設してほしい。2階席も最前列や中央付近はブロック指定を取り入れるべき。
運営側の効率を考えるとリフト券や入館証みたいに常にチケットホルダーを首からぶら下げさせ
一目でどこの席種や大人子供区分かわかるようにすれば指定子供料金を新設した場合の懸念になる大人なのに子供料金で指定席を取る人などを防ぐことができると思います。

■金払ってもいいから確実に駐車したい
今シーズンは盛岡開催が無いのでそこまで心配はありませんが上位のシーズン券を買わないと駐車場が確約できません。
※盛岡の施設は会場規模にあった駐車場を用意していない。これはブルズの問題ではなく行政の問題。
シーズン券を購入している方を想定すると時間とお金に余裕がある一人もしくはご夫婦(カップル)が多いことと推測します。
車1台に一人か二人の場合が多いということになります。少ない駐車場の場合と集客だけを考えると非効率。
↑決してシーズン券の特典としての駐車場確約をやめろということではありません。続けるべきです。
我が家なら1台で4人です。公共交通機関の発展していない岩手で会場に行くのは原則車です。
1000円くらいなら出せるので駐車券を発売してほしいです。
※シャトルバスが出て仮に片道200円だと家族4人で1,600円。

■グッズの品ぞろえが悪いのと価格が高い
・応援で使いましょう!と言っているメガホンやタオルが売り切れている場合がある(経済学のいろはのい「機会損失」)
・赤で統一したいところなのにたまに出てくる別な色のウェア。赤で統一しましょうよ。
・サイズ展開が…すみません。自分の体格が悪いんです。もっと大きいサイズを!(これはどちらかというと自分が悪いm(_ _)m)
・全体的に高い。微妙に高い原価のものを高く売っている印象。
・赤いペンライトやチケットホルダーなど100円原価で仕入れて500円で売るなんてどうですか?これくらいなら初めての人も買いやすいし応援の統一感もでる。
 
■ブルズダンサーズをうまくサービス要員として生かせないか?
キレッキレでレベルの高いダンスで会場を盛り上げてくれるブルズダンサーズ。
試合中もタイムアウト中などとにかく盛り上げてくれます。
ただ試合前にあんまり見かけない。
人数もそれなりにいるので試合前の時間帯は1F、2F問わず観客席を周り
ブースターと写真撮ったりサインしたりそれこそ物販したりする機会があればよいかと思います。
ブルズダンサーズ自体のブランドイメージを向上させることでファン獲得につながると思います。

■SNSをうまく使えていない
今力を入れているのがfacebook いいね!1万人。
facebookよりツイッターやLINEの方が宣伝効果は高いように思います。
facebookはどちらかというとコア層向けの情報発信には良いと思うのですがそうじゃない層には敷居が高いかも。
ツイッターで特定のハッシュタグ付けてブルズの話題を出した人やLINEで友達になった人などに割引などの特典を与えるなどすれば結構な数集まると思います。
テレビやラジオで集まる顧客をターゲットにするよりSNSで集まる顧客をターゲットにするほうが費用も掛かずよいかと思います。

■岩手のメディアはムーブメントを起こさせるろ!
メディアサプライヤーとして民放テレビ・エフエム・新聞が入っており金銭的、もしかするとCM枠の提供等で貢献しているものと思います。
ブルズに限らず盛岡グルージャしかり各メディアは自らの情報発信能力でムーブメントを起こす気概が感じられない。
せめてホーム試合がある前後は積極的に宣伝したり結果を伝えてほしいですね。
ブルズや盛岡グルージャのブランドイメージが向上すればそこにスポンサーが集まり番組制作の展開がしやすくなる環境が整うと思います。
県の経済規模から考えるとメディア数は必要十分。
メディアにとってはそのようなコンテンツが育つことはWinWinの関係になるはず。ムーブメントが起こってから乗っかるのではなく育ててみようよ!
一関でのvs秋田戦では秋田県のAAB秋田朝日放送さんはENG担いで取材してましたよ!岩手のメディアはいましたか?


▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
いわどうiwadou at 18:31│

2016年02月08日

岩手ブッグブルズ。
今年こそ苦戦していますが去年はファイナルに進出し総合4位となるなど決して弱いチームではありません。
しかし残念ながら観客動員数をみると岩手の中で市民権を得たとは言い難い状況。
安定した動員数の確保は入場料収入だけではなく会場内でのグッズ販売収入や全体としての価値があがり広告収入が増えるなど私が言うまでもなく当然大事なことです。
さらに今後1部を目指すのであれば考えなければならない問題であると思います。

秋田は能代工業というバスケの強豪校がありバスケ自体が県民に根付いており悔しいかな岩手や青森には足元にも及ばない人気と動員数。
当然秋田の状況を目指すべきだが来季からのBリーグで同じ2部の青森との比較を中心に考察してみたいと思います。

まずは、我が岩手と青森を数字で比較

【人口】万人
 ●岩手 133 vs 137 青森○ 秋田:108

【総生産】名目、10億円
 ●岩手 4,381 vs 4,472 青森○ 秋田:3,502

【県民所得】千円
 ○岩手 2,547 vs 2,422 青森● 秋田:2,450

【民間テレビ放送】局
 ○岩手 4 vs 3 青森● 秋田:3

人口や経済規模などほぼほぼ互角です。
バスケ視点だけで言えば設立は岩手の方が歴史あり強さも岩手が上。
しかし!以下に動員数を表にまとめましたが衝撃の結果。岩手の惨敗です。
動員
※青森マ(青森市にあるマエダアリーナ) 青森武(弘前市にある県立武道館)

娯楽という観点(岩手ビッグブルズから見れば競合)で言えば青森よりはあるでしょうか。
スポーツで言えばJ3のグルージャ盛岡やラクビーの釜石シーウェーブス。みちのくプロレス、岩手競馬もでしょう。
仙台にも比較的近いので県南中心にプロ野球の楽天やJ1ベガルタ仙台も競合するでしょう。
青森に比べれば東京にも近いです。
とはいえ2000~3000人を集められないほどの競合になるとは思えません。

今シーズンは岩手唯一の中核都市である盛岡開催がありません。※施設と国体の影響?
近郊の雫石や滝沢はありますがアリーナの規模だとそもそも2000人も入りません。
立派なアリーナがある花巻、北上、奥州、一関。いずれも2000~3000人は余裕で入ります。
それぞれ合併してある程度の人口がいるように見えますが潜在能力としてはせいぜい6~7万人規模の都市。

一方の青森は、盛岡同等の青森市と盛岡より若干下回る程度の八戸市と弘前市。
藤崎や五所川原などは青森市と弘前市に挟まれていています。
それなりの人口規模のアリーナで開催されています。

さらに隣県ブースターの足を考えると―
・秋田戦は一関ではなく、花巻、北上、奥州が良かったのでは?
・福島戦は奥州ではなく、一関が良かったのでは?
・青森戦は花巻ではなく、今後開催予定の久慈がよかったのでは?
・今後開催予定の仙台戦は久慈ではなく、一関がよかったのでは?

広い岩手。
県内各地オール岩手で開催するのは歓迎する一方さもすると、
ホーム岩手(とりわけ盛岡近郊の)ブースターも距離的にはアウェイに行くような距離。
ましてや土曜日はリーグの規定なのか準備の都合かわかりませんが18時開催。
盛岡から子連れ参戦な我が家で考えると盛岡開催でもちょっと躊躇する時間(なんやかんや終わって20:30。帰って21:00)。
それが奥州や一関なんかでその時間に終わられても辛い=行くなら日曜日。
IMG_1874
※2月6日(土)vs群馬 滝沢総合体育館 メイン側2列目。ほぼ空席。

今更感の話ですが対戦相手と開催場所のバランスや広い県土を考えると土曜日は遅くても16時。
日曜日は13時スタートが良いと考えます。

市民権を得てどんな場所や時間帯で開催しても満員になるのが理想ですがそれまでは会場に足を運ぶハードルを下げてあげないと厳しいと思います。

今後はブルズだけではどうしようもない自治体に考えてほしい"ハコモノの利便性"の悪さや岩手のメディアへの苦言を取り上げたいと思います。

IMG_1878
 群馬戦2連勝!エキサイティングな試合は見応え十分!!
まだ会場に足を運んだことのない皆さん。2月20日、21日も滝沢開催です。
ぜひ会場に足を運んで岩手での楽しみを見つけてください。 

▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
いわどうiwadou at 12:45│

2016年02月02日

なぜおススメしたいのか?
もの静かな岩手県民でもゴールが決まれば歓声が沸き上がるんですよ。
それが満員だったらさぞかし盛り上がるでしょ!
腹から声出して叫ぶ事ってこの岩手でまぁ~ないですよね。あっても通報されますよ(笑
月に1~2回その機会が得られるんです。
単純に面白いし、スカッとするし、意外とカロリー消費します(笑
 
さらに子連れ視点で言うと、
バスケは屋内競技なので天候に左右されませんし野球と違って時間制のスポーツなので
原則正味2時間程度(延長の場合あり)で終わります。
よって服装も時間も計画が立てやすく本当に気軽に観戦できます。
 
また初心者でも全然大丈夫!
テレビやラジオでご活躍の「まつみたくや」さんをご存じゃないでしょうか?
彼は岩手ビッグブルズホーム戦のアリーナDJとして全体進行やゲーム中に発生したファール等の説明などしてくれます。
アウェイ戦に行ったことが無いので他の方は分かりませんが他チームの方のブログ等を参考にすると
まつみさんのDJはかなりレベルが高いそうです。私もそう思います。
さらにブルズダンサーズによる応援練習も試合前に必ず行われるので全然気負う必要はありません。

 
今週末も滝沢市の総合体育館で群馬戦が開催されます。
一度足を運んでみませんか?一度来れば分かりますから。

最後に、運営サイドや現ブースターそしてまだ足を運んだことのないみなさんに読んでほしい
ブログ記事をご紹介します。私の言いたいことを的確にまとめられています。


▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
いわどうiwadou at 19:17│

2016年02月01日

ご無沙汰しております。1年ちょいぶりに投稿します。
日記がてらにfacebookを利用しておりますがやはり情報発信にはこちらが良いということで。

岩手ビッグブルズを盛り上げたい!
DSC_1537
写真:2016年1月31日vs青森戦 花巻会場にて

一昨年くらいからはまってしまい今シーズンは7試合くらい会場に足を運んでいます。
日本ではバスケットボールといえばプロスポーツとしてはマイナーですがこれほどプロスポーツにあうスポーツはありません。
だからプロスポーツ観戦経験が少ないであろうイワテケンミンに最適なコンテンツなんです。
メジャーな野球やサッカーは私もみなさんも好きだと思いますが試合によっては点数がなかなか入らず(点数が入れば面白いというものではないが)スカッと感が得られない場合も。
しかしバスケは違います。数秒から数十秒で確実に点の取り合いが発生。
息つく暇もなく展開が変わりとにかく面白い。
よって、ある程度の点差が開いても1分もあれば逆転!
なんていう劇的なドラマ生まれやすいエンタメ性抜群のスポーツだと思います。

ということでこのブログを利用して岩手ビッグブルズを盛り上げていきたいと思います。
ただ盛り上げるだけではなく課題・問題点もあげていきたいと思います。

まず会場に足を運びませんか?
1 沖縄 3092人(12試合)
2 新潟 2834人(14試合)
3 秋田 2789人(12試合)
4 仙台 2188人(12試合)
5 福島 1623人(12試合)
6 滋賀 1622人(8試合)
7 島根 1622人(14試合)
8 浜松 1602人(12試合)
9 横浜 1581人(14試合)
10 大阪 1573人(16試合)
11 青森 1567人(14試合)
12 富山 1544人(12試合)
13 埼玉 1483人(10試合)
14 長野 1398人(12試合)
15 奈良 1312人(14試合)
16 岩手 1234人(14試合)
17 京都 1177人(12試合)
18 群馬 1088人(14試合)
19 福岡 1081人(12試合)
20 石川 1077人(12試合)
21 高松 1056人(10試合)
22 東京 782人(12試合)
23 広島 411人(10試合)
24 大分 409人(14試合) 

これはbj リーグ加盟24チーム今シーズン途中のホーム戦入場者平均数です。
チーム設立年数や地域性(プロスポーツが盛んな地区)などいろいろあろうかと思いますが岩手は低い。
東北地区最下位。これには我慢なりません。
岩手ビッグブルズの経営戦略や会場等の問題は十分にあります(後日記載)。

設立5年目のブルズ。このままムーブメントが起きないと古くからのファン(ブースター)のみが
コアに盛り上がるだけで初心者観戦のハードルが上がってしまうのではと危惧しています。 

気軽にそして比較的お安くそして熱く盛り上がれる岩手ビッグブルズを応援にみなさん行きましょう!

岩手に遊ぶところはなにも無いと仙台・東京に行くのもよいです。
ブルズしかり盛岡グルージャしかり釜石シーウェーブ スしかり…
自ら足を踏み入れ一回はまってしまうと郷土愛を感じながら充実した休日を過ごすことができます。 
もちろん、ウィンタースポーツを楽しむでもよい。
岩手になにも無いのではなく宣伝べたの岩手と探そうとしない岩手ケンミンの努力が足りないのです。

バスケが地域に根差してるとはいえ県土は岩手並みに広く人口は盛岡市1都市分少ない秋田県は岩手の倍以上の観客数。 
いまこの時だからこそプロスポーツを通じ岩手県民一丸となって盛り上がり、
いろいろな苦難がまだまだあるこの岩手を盛り上げ乗り越えられればと僭越ながら思っています!
まずは四の五の言わずに一度会場に足を運べばすべてはわかります!
IMG_1822

IMG_1833
 
岩手ビッグブルズのfacebook ではいいね!1万キャンペーンを実施中。
ちょっとでも興味が沸いた方ぜひいいね!をお願いします。 

▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
いわどうiwadou at 19:47│