東日本大震災

2014年03月11日

東日本大震災から3年。
今朝の盛岡は、あの日の朝のような天気でした。

私にとって、あっという間の3年でした。

今週末、久しぶりに大船渡に行ってきます。
たくさん美味しい物を食べてこようと思います。 

東日本大震災で、亡くなられた方々のご冥福と、一日も早い復旧・復興をお祈りいたします。

84252c53
 

▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
いわどうiwadou at 14:46│

2013年03月26日

仙台旅行で密かにw狙っていたうまいもん。
もち処木の幡 福島名物「凍天」!
秘密のケンミンショーで見て、虎視眈々と食べられる日を狙っていました。

福島県南相馬が発祥。
しかし、原発事故で本拠地を宮城に移したという大変な思いをしているお店です。
仙台駅にもお店があり今回寄って来ました。
IMG_2122
仙台駅のお店は1階にあります。

続きを読む

▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
いわどうiwadou at 12:48│

2013年03月11日

今朝の盛岡は、あの日の朝と同じで銀世界が広がってました。

被災地の岩手だけに、2年経った今でも毎日、震災の話題、文字、画を目にしますが、
確実に減っています。
被災地がこの現状なので、全国的には本当に話題が減っていることだと思います。

これまでの震災とは違い、復旧・復興が目に見えて成果が出ていません。
たかだか数十年レベルの経験値でしか考えてられていない法律が、
千年に一度と言われる震災に対応出来るはずはありません。

高台移転も、やれ地権者だの、埋蔵文化財だの・・・
細かいことは後で調整してまずは造成しちゃいましょうよ。
そのくらい大胆な発想じゃないと震災は終わらないと思います。

東日本大震災で、亡くなられた方々のご冥福と、一日も早い復旧・復興をお祈りいたします。

03dc54b3


▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
いわどうiwadou at 14:46│

2013年01月24日

1月も下旬という段階でようやくまとめました。
月毎の発電量と売電量の実績表です。
kekka

太陽光発電を設置して年数が経ちデータが揃ってきました。
年間、5,000KWh発電して4,000KWh売電というのが一つの目安になると思います。
発電した約80%が東北電力に売っている形です。

我が家の契約は、売電48円/1KWh(10年間)です。
よって、確実に売ったほうが特になります。
その為には、日中の節電がポイントになります。

東日本大震災を契機に国民の電力に対する関心は確実に高まりました。
震災で2日間停電した我が家にとって、太陽光発電の恩恵は数字以上に大きいものが有りました。


これだけは言えます。設置して悔い無し。



▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
いわどうiwadou at 11:57│

2012年12月27日

今年最後の検針を終え、今年の集計が纏まりました。
3年間のデータと一緒にまとめています。
no title
今年は中盤までは良い成績でしたが、後半で一気に急ブレーキ。
今年の冬は、厳しい戦いになりそうです。
そして、着実に燃料調整費等で電気料金そのものが値上がりしています。
報道では、来年にも東北電力管内も値上げ必至とのことで警戒しなければなりません。

昨日のニュースで、九州電力が来夏の賞与全額カットを労組側に提案したようです。
しかし、現時点で850万前後と地方としては大変優遇されている金額なので、
夏の賞与カットくらいでは民間の平均よりは上になります。
地方でそれだけ稼げるのは、電力やマスコミなど独占、寡占企業が多いと思います。
いずれも完全オープンな競争にさらされていない企業なので、そこは給与のあり方など
公共の福祉を担う企業としてある程度考える必要はあるかと思います。

ちょっよ、ひがみも入りましたがw

上記のデータをグラフ化してみました。
1
電気の売買グラフとなります。
暖色系の線が購入電力。寒色系の線が発電し売った電力です。
注意したいのが、発電量そのものでは無いことです。
基本的に発電した電力は、自分のところで消費します。
それでも余った電気が、東北電力の電線に流れる仕組みです。
※発電全体の集計は、月単位でシステムで記録されますのでまたの機会に。

冬期間は、消費量の大きい蓄熱式電気暖房器が稼働するので一気に購入電力が伸びます。
また、冬期間は陽そのものが短く、積雪などの影響で発電そのものも下がるので
どうしても購入電力の方が大きくなります。
反面、春から秋にかけては売った電力の方が多いことが分かります。

このグラフだけでは、太陽光発電を取り付けるメリットがあまり見えませんね。
しかし、次の金額のグラフにすると考えが変わります。

2
今度は、金額にしたグラフです。
暖色系と寒色系の線を比較し、前者が多いと赤字。後者が多いと黒字の関係になります。
電力のグラグと比較して明らかな違いは、明らかに収入の方が多い点です。
我が家の場合、売る電気料金は、全量48円/KWh(10年間固定)です。
一方購入する電力は、時間帯によっても違いますがいずれも、売るより単価が安いです。
前途の蓄熱式電気暖房器は、一番単価の安い夜間電力のみの使用なので使用量に比べれば
金額はさほど跳ね上がりません。

勿論、太陽光発電には多額の設置費用が掛かります。
3年間の統計で見ると、ローンと比較した時、気持ちお得な程度。
太陽光発電をつけると、夢物語が始まるという事はありません。
ただ、商品自体の耐久性は高くローン終了後も発電してくれる物なので
ローンが終わった暁にはメリットが顕著に現れると思います。

大震災の前に付けたものですが、大震災を経験して更に付加価値が上がりました。
取り付けた時は、使うことが無いだろうと思っていた非常用のコンセントです。
停電した時、日中で発電していればそのコンセントからだけ電気を引くことができます。
いわゆる自家発電です。
3.11の時、盛岡市内は丸2日間停電でした。
それでも、日中は発電してくれて、テレビで情報を得たり、携帯を充電したり
ファンヒーターを付けて暖を取ったり、灯油式ボイラーに電気を供給しお湯も使えました。

また、原発への依存度を下げる役割もあると思います。
私は、ヒステリックなまでに脱原発を訴える人に嫌悪感を持ちます。
言いたい事はわかるけど、まずは自らの電気消費行動を見直すべきです。
普段の生活では普通に電気を使っていて、いざ外で「脱原発だ!」は筋が通りません。
仮にすべての家庭に太陽光を付けたら、原発は要らなくなりますね。
当然、夜間や悪天候の場合は水力や火力に頼る必要がありますが、年間の総量を考えると
今より断然少ないはず。それに、日本全国悪天候という日はそんなに無いと思いますし。

太陽光も付けずに脱原発を言うなと言っているのではありません。
恐らくこの国は、騒いでもあんまり変わらないと思います。
お役人の台本通りに動く国だと思っているので・・・(言い過ぎ?)

だから、騒ぐのでは無く実力行使が必要。
暴力じゃありませんよ、脱原発で言えば、そもそも原発が必要無いくらいの電力量に抑えればよいだけ。

それでも、原発を稼働させたいのなら、今話題のなんとか島に建てたらどうでしょう。(過激発言?)

▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
いわどうiwadou at 10:02│