2016年02月18日

2016年1月下旬。
とあるイベントに家族で参加することになり札幌に行ってきました。
札幌駅前集合が土曜朝9時。
普通の土日ゆえ子供たちの学校を休ませず盛岡からたどり着く手段は唯一八戸からのフェリーでした。

以前からCMなどで気になっていた「札幌・盛岡なかよしきっぷ」(以降、企画きっぷ)を利用しました。
それを利用してみてのまとめです。
03

この企画きっぷは、都市間路線高速バスとフェリーを利用するもので当然別々の支払いでも利用できます。
ではどれだけお得なのか計算してみました。

■料金 7,100円※子供は半額
【シルバーフェリーが2等の場合】
(正規料金内訳)
・盛岡←→(八盛号)←→八戸FT 2,300円
・八戸←→(シルバーフェリー)←→苫小牧FT 5,000円
・苫小牧FT→(とまこまい号)←→札幌駅前 1,310円
合計 8,610円 ※1,510円お得

(往復料金等考慮内訳)
・盛岡←→(八盛号)←→八戸FT 2,300円
・八戸←→(シルバーフェリー)←→苫小牧FT 4,050円
・苫小牧FT→(とまこまい号)←→札幌駅前 1,235円
合計 7,585円 ※485円お得

【シルバーフェリーが2等寝台の場合】 7,100円+2,500円(グレードアップ分)=9,600円
(正規料金内訳)
・盛岡←→(八盛号)←→八戸FT 2,300円
・八戸←→(シルバーフェリー)←→苫小牧FT 7,500円
・苫小牧FT→(とまこまい号)←→札幌駅前 1,310円
合計 11,110円 ※1,510円お得

(往復料金等考慮内訳)
・盛岡←→(八盛号)←→八戸FT 2,300円
・八戸←→(シルバーフェリー)←→苫小牧FT 6,075円
・苫小牧FT→(とまこまい号)←→札幌駅前 1,235円
合計 9,610円 ※10円の損


※往復料金等考慮
シルバーフェリー:往復割引10%+インターネット予約10%
とまこまい号:往復割引

企画通りだと1,500円強お得になります。正規料金より18%安いです。
ただし計算してみて衝撃的な事実が分かりました。
シルバーフェリーについては一番グレードの低い2等での設定です。
差額を払えばグレードアップも可能です。
ここで落とし穴を見つけました。
バラバラで払う場合と異なり企画きっぷは割引料金などは適用できません。
往復利用する場合など往復割引や回数券などを駆使するとその差額分がどう影響するか計算してみました。
シルバーフェリー下から2番目のグレードはプラス2,500円です。
それで計算すると企画きっぷが10円損という計算になりました。
ただし10円なので手間を考えると2等寝台までは企画きっぷを利用した方が良いと思いますが
それ以上のグレードで利用する場合は個別で払った方がお得になる場合があります。

■利用する前にわからなかったこと・心配だったこと
・盛岡で往復分の企画きっぷは買える?
 →買えません。(盛岡→札幌は盛岡で。札幌→盛岡は札幌で購入することとなります。)
・札幌でのきっぷはどこで買える?
 →札幌駅バスターミナルに到着しますがバスが停車する脇に売り場があるので降りてすぐ買いましょう。
  ※今回の旅行は日程に余裕がなく(札幌滞在18時間)到着時にしか買う時間がありませんでした。
・フェリー出港1時間前には搭乗手続きを完了しなければならないが到着がギリギリかちょっと遅れる時間。大丈夫?
 →今回の企画きっぷを利用する対象者は車をフェリーに積まないタイプ。人だけであれば15分前でも大丈夫だと思います。
12439329_652544241515311_3167818645132962326_n

■今回利用して思ったこと・今後利用する場合はこうしたいこと(冬季利用だったこと前提)
・都市間高速路線バスが実は曲者。
 乗る前のイメージはポイントtoポイントだと思っていたのですが八盛号は八戸市内を結構廻る。
 とまこまい号は苫小牧市内を普通の路線バス1周分くらい市内を廻る。
 札幌着いても札幌駅までの道すがら結構なバス停を廻る。乗車時間は長くバス停で頻繁に停まるので以外と疲れます。
・往路は札幌市内最初の停留所である大谷地駅で下車。そこから地下鉄で市内まで行った方が良いかも。(時間短縮)
・復路は必ず札幌駅バスターミナルから乗車すべし。利用客が多く一人利用の場合は相席も多かった。
・往路のフェリーは最新の船舶。復路は旧式の船舶。館内が前者が異様に暑く寝苦しい。
 後者は比較的涼しいくらいで過ごしやすい。(個人差あり)
 
■まとめ
仮に飛行機を利用した場合そもそも料金が高い上現地での宿代も必要となります。
フェリーの場合は移動しながら宿泊できるうえ料金も飛行機より格段に安いです。
お金と時間の節約ができてしまいます。

<<<月曜休みの3連休のべ二日分の観光を想定>>>
【企画きっぷ】
金曜日 盛岡18:00→(バス)→八戸→(フェリー) 1泊(宿代不要)
土曜日 苫小牧FT6:30→(バス)→8:30札幌 ★終日観光 1泊(宿代)
日曜日 ★終日観光 札幌21:00→(バス)→苫小牧FT→(フェリー) 1泊(宿代不要)
月曜日 八戸FT8:00→(バス)→11:00盛岡

【飛行機】
土曜日 盛岡→?→花巻10:50→JAL→11:50新千歳(千歳から目的地の移動費用) お昼過ぎ~★半日観光 1泊(宿代)
日曜日 ★終日観光 1泊(宿代)
月曜日  ★半日観光 目的地→新千歳17:25→JAL→18:20花巻→?→盛岡

※企画きっぷに比べ
・飛行機の運賃が"格段"に高い
・空港までと空港からの移動費用と時間が必要
・宿代1泊分余計に必要
・土曜と月曜が多くて半日程度しか観光時間が取れなく中途半端(1+1≒0.5+1+0.5)


おススメです!


▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
いわどうiwadou at 19:42│旅行 │

2016年02月05日

ブログ休止中も記録は取っておりましたので公開します。
震災後は電気料金が高騰しましたがここに来て原油安の恩恵で落ち着いてきました。
我が家の給湯や暖房の一部は灯油を利用しておりますが2年前の価格から45%程度安くなっています。

画像をクリックすると拡大表示でご覧いただけます。
さらに拡大表示できるPDFファイルはこちら
denki
 

▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
いわどうiwadou at 05:42│太陽光発電 │

2014年12月31日

今年も残りわずか。今年も大変お世話になりました。
このブログはほぼ更新が止まっています。 
SNSなど環境の変化 で、ブログについては一定の役割を終えたと思っています。
かといって、やめるのももったいないので(笑
気が向いたら、投稿しようと思います。 「一生どうでしょうします」に近い思いです。

▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
いわどうiwadou at 23:51│お知らせ │

2014年11月10日

兎にも角にも、太陽光の実績だけは続けないと・・・
10月は好天に恵まれ、発電量好成績!
477

「岩手どうでしょう発電所」として登録している、SOLOR CLINICさんの県別順位でも第3位!!
SHARP製はパネル単価が安い分発電効率が低い(購入時点の話)ので、なかなかKWh当りでの
順位がなかなかあがりませんが・・・我が家近辺の天気が良かったのでしょう。
02

料金集計表です。クリックしてご覧ください。
denki

電気高、灯油高・・・北国の辛い季節が始まりますね・・・

 

▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
いわどうiwadou at 18:14│太陽光発電 │

2014年10月15日

またまた停滞中のブログ。
先月分をまとめちゃいます。

534KWh。発電はがんばってくれました。
8月の落ち込みを補うまでは行きませんが、まずまずです。
 02

料金表です。
01

 さて、気になる話題を・・・

 「太陽光発電の売電収入で住宅ローンの負担が軽減(中には0円)は本当か?」

九州電力を皮切りにあまりにも増えすぎた太陽光発電の買取を拒否する動きが見られます。 
このまま契約を続ければ天気が良い場合需要を上回る発電量でバランスが崩れるらしいです。
当たり前のように新築住宅に付けられる太陽光発電(10KWh以上の大容量)も危うい雰囲気だとか。
 
昨今、太陽光発電の売電収入で住宅ローンが楽(0円?)になるという宣伝を見聞きするが
本当だろうか疑問に思い計算してみました。

地域による発電量や補助金の差などいろいろ加味する必要はありますが・・・
結論から言うと、ここ岩手では結構ギャンブルな発想かなぁ。
(一概に全否定は出来ません。それが自然を相手にする発電)

某県内ビルダーの情報で見ると…
パネルは10KWh程度と大容量を設置!
 →これは理にかなっています。
  私の持論でもありますが、面積・予算いっぱいいっぱいがんばって設置すべし
  徐々に買取価格は低くなっていますが、売電>>買電の関係なので売ってなんぼ。
  ※20年間34円。我が家は10年間48円。
月35,000円~40,000円の売電収入!
 →我が家が4.48KWhで年間約4,000KWh×48円=192,000円(月平均16,000円)
 →ビルダー情報から算出すると年間約10,000KWh×34円=340,000円(月平均28,500円)
  ※売電なので、発電中使ってる電気は相殺されます。よって、容量が多い方が有利なのでそれも考慮。
 結論からいうと、売電収入は若干過大評価と見ます。
・重要なポイント。売電収入のみ記載しています。
 大事なのは電気料金の差分で住宅ローンが楽になるという想定をするはずなので、使う分(買電)を引かなければなりません。
 給湯のみ灯油の我が家。あとは電化。それで、年間10万円程度の利益。オール電化を加味すると恐らく年間22万円程度の利益と考えます。
 よって、住宅ローンに割り当てられるのは月18,500円前後。まー、おまけで20,000円としましょう。
・建築費は太陽光を設置しない場合とくらべて、約500万円のプラス。20年間で考えると、月20,000円。
03


あくまでも私の計算で確証はありません。
新築時10KWhの太陽光発電を設置し35年ローンを組んだ場合、
最初の20年間で太陽光発電設置分の追加建築費のみ賄える。
その後、最後の15年で若干住宅ローン分を減らせる。
損は無いが、住宅ローンは賄えるというのは、やはり疑問。
※ローン金利を考えるとさらに…


▼クリックどうでしょう How do you like click?▼
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
いわどうiwadou at 18:28│太陽光発電 │